• ホーム
  • チャンピックス服用と禁煙への強い意志

チャンピックス服用と禁煙への強い意志

2020年03月10日
灰皿の中にある吸い殻

タバコをやめたいと強く願っても、ニコチン依存症に陥っていると自力ではやめられないことも多いです。
禁煙は意志の力でどうにかなるレベルもありますが、依存症に陥っていると、意志の力では抑えられないこともあります。
そういう場合に有効なのが、チャンピックスの服用です。

チャンピックスは、ニコチンを含まない最新の禁煙補助薬として開発されました。
従来のニコチンパッチやニコチンガムは、禁煙に伴うニコチン切れの時の離脱症状を和らげるのが目的でした。
そのため、タバコではなく薬のニコチンを脳のニコチン受容体に結合させて、症状を抑えていました。

これに対して、チャンピックスにはニコチンは使われていません。
主成分は「バレニクリン」というもので、「ニコチン受容体パーシャルアゴニスト」という種類の薬に分類されています。

パーシャルアゴニストとは、部分作動薬という意味です。
受容体を少しだけ活性化させる作用を持つのが特徴です。
薬は受容体を100%活性化させるか、阻害させるか、のどちらかの作用を生じますが、パーシャルアゴニストは中程度までしか受容体を活性化させません。

ニコチン受容体を完全に阻害してしまうと、ニコチン切れによる離脱症状があらわれてしまうからです。

一方、パーシャルアゴニストでわずかにニコチン受容体を刺激すれば、ドパミンを少しだけ放出させることができます。
これにより、禁煙による離脱症状や切望感を和らげることができます。

万が一禁煙中に一服してしまっても、ニコチン受容体にバレニクリンが結合しているので、ニコチン受容体が活性化されることはありません。
その結果、タバコを吸っても以前のような喫煙による満足感を減らすことが可能です。

意志の力も大切ですが、自力で無理な人はチャンピックスに頼る方法もあることを覚えておきましょう。

関連記事
チャンピックスの副作用と20日目に訪れる不安

保険適用で医師の指導のもとにタバコをやめることができるという方法が世の中に広まってきました。チャンピックスを使用することによる禁煙治療であり、多くの人に指示されて実践されるようになってきています。チャンピックスは副作用として重篤なものは知られておらず、吐き気や頭痛が比較的多くの人に見られる副作用とな...

2020年06月07日
長時間喫煙は心筋梗塞の引金、チャンピックスで禁煙

朝から晩までタバコが手放せず、一日2箱も3箱も吸うような人は多いですが、喫煙の時間が長い人は、それだけ多くの有害物質を体内に取り込んでいることになるので、心筋梗塞になるリスクが高まってしまいます。目が覚めた後、起きている時間はずっとタバコを手元に置いているような人は、30代や40代のような若さで心筋...

2020年04月10日
発がん性を多く含むタバコをやめるにはチャンピックス

タバコにはタールやベンツピレンなどの重い発がん性物質が数百種類含まれています。タバコによるがんは、咽頭がんや肺がんがトップを占めています。今や3人に1人ががんで亡くなることを勘案すると、禁煙することはがん患者を減らすことに等しいです。ですから10年以上前から国内では禁煙運動が盛んになりました。日本は...

2020年05月13日
チャンピックスで禁煙、ピロリ除菌の影響はあるか

チャンピックスは医療用の禁煙補助剤です。近年TVコマーシャル等で禁煙外来に関する啓蒙活動が行われていますが、その禁煙外来で使用する薬です。チャンピックスの有効成分バレニクリン酒石酸塩はニコチン受容体部分的作動薬と呼ばれるものです。つまりニコチンが体に作用する際に結合するニコチン受容体に結合し、ニコチ...

2020年04月26日
咳や歯周病の原因となる喫煙をチャンピックスでやめる

喫煙をすると、循環器系の病気になりやすいです。真っ先に影響が出るのは、煙が通過する部分です。つまり、歯、気道、肺です。タバコを吸うと、ニコチンを排出するために大量のビタミンCが使われてしまいます。ビタミンCは肌だけではなくて歯茎の健康維持にも関与している栄養素です。ビタミンCが欠乏することで、歯茎が...

2020年03月26日
チャンピックス服用でもタバコは吸える

チャンピックスは禁煙補助剤として登場した医薬品で、ニコチンを摂取する欲求を抑えてタバコの量を減らす効果があるため、禁煙外来の治療で処方されています。12週間の処方で徐々にタバコを吸う量を減らして禁煙に導くという方法のため、禁煙初日からタバコを断つ必要はないとされ、販売元でも服用から1週間は、タバコを...

2020年02月28日